愛媛県総合科学博物館       お問い合わせ
科博について 施設案内 利用案内 交通アクセス
科博について
沿革
建物について
学芸員紹介
トップ 科博についてへもどる
 
学芸員紹介
専門分野・研究テーマ等 1:専門及び担当分野 2:研究内容 3:担当企画展等(開催年度) 4:その他

所属科等 氏名(職名) 専門分野・研究テーマ等
学芸課 たまい ひろし
玉井 広志
(学芸課長)
1 錯塩化学、化学全般
4 平成28年度新たに赴任しました。よろしくお願いいたします。
自然研究
グループ
おおにし つよし
大西 剛
(専門学芸員
担当係長)
1 昆虫(主にチョウ目)
2
  1. 愛媛県におけるアサギマダラの移動状況の調査
  2. 博物館周辺で見られるチョウ類の調査
3 巡回展「森の博物館」(H22~)、特別展「アマゾン ホントはこんなトコだった!」(H27)、「たんけん!ジャングルミュージアム」(H22)、「昆虫No.1決定戦」(H18)、企画展「渡る蝶アサギマダラの移動について」(H15)、企画展「昆虫ワンダーランド」(H11)
こばやし しんご
小林 真吾
(専門学芸員
担当係長)
1 植物地理学、植物生態学(植物、藻類、菌類)
2
  1. 愛媛県の植物相・藻類相・菌類相
  2. 希少野生動植物の保全
  3. 自然史標本の保全
  4. 愛媛県内の海藻利用
3 企画展「めぐみの海・瀬戸内海」(H27)、企画展「愛媛の絶滅危惧種」(H26)、企画展「愛媛の博物誌」(H24)、テーマ展「東日本大震災と博物館資料~標本レスキュー活動の記録~」(H24)、企画展「なぎさの博物館 砂浜」(H23)、企画展「消えゆく生きものたち」(H15)、特別展「花物語 花にかくされたひみつ」(H14)、企画展「愛媛のキノコ 華麗なる森の芸術家たち」(H14)、館蔵品展「海の森・海藻の世界」(H11)
4 県内の動植物の標本に関する情報を集めています。古い標本をお持ちで廃棄をお考えの方はご連絡下さい。
やまね かつえ
山根 勝枝
(専門学芸員)
1 古生物、地質
2
  1. 介形虫類を用いた古環境調査
  2. 新居浜市に分布する和泉層群から産出した化石群集
  3. 愛媛県におけるカブトエビ類の分布調査
3 企画展「教授を魅了した大地の結晶」(H26)、特別展「ディノ・ミュージアム 〜恐竜の生態と進化〜」(H24)、特別展「すごいぞ!むかしの生きもの~化石でたどる動物の進化~」(H16)、企画展「きれいないし」(H14)
かわまた あきのり
川又 明徳
(専門学芸員)
1 植物分類学(植物、蘚苔類、地衣類)
2 現在は、主に地衣類の県内生育状況を調査している。
3 特別展「南極の自然」(H25)、企画展「地衣類の世界」(H21)、企画展「秋の草花」(H18)、企画展「侵入者たち―外来生物について―」(H16)、企画展「植物のおぼえ方~野の草花・春編~」(H14)
4 友の会自然クラブ担当
いなば まさかず
稲葉 正和
(教育主任)
1 脊椎動物(主に海生哺乳類)
2
  1. 博物館の展示資料・収蔵資料を利用した教材の開発
  2. 県内における鯨類のストランディングレコード(座礁記録)の整理
3 巡回展「森の博物館」(H27~)
4 鯨類の骨格を利用した出張講座などを担当しています。お気軽にご相談ください。スナメリ等の海生哺乳類がストランディング(座礁)していた場合は、お手数ですが、ご連絡ください。
科学・産業
研究グループ
ひさまつ ようじ
久松 洋二
(専門学芸員
担当係長 )
1 物理学、数学、科学技術資料(家電等)
2 展示装置及び教材の企画、設計、製作
3 企画展「なつかしの家電 おどろきの道具」(H27)、特別展「大トリックアート展」(H26)、企画展「青色発光ダイオードの発明」(H26)、特別展「トリックアート」(H21)、巡回展「美とメイク」(H21)、企画展「おかしな機械」(H20)、特別展「きら☆ぴか☆りん ふしぎな光ミュージアム」(H19)、特別展「さわって!あそんで!おもしろ科学ワールド」(H17)、企画展「仮想科学館」(H14)、館蔵品展「夢と科学のたどった道-20世紀-」(H12)、企画展「たんけん!超ふしぎ館」(H10)
4 常設展示の実験装置を製作しています。また、古い家電製品等を収集保存しています。ご不用のものがありましたら、ぜひ博物館までご連絡ください。
よしむら くみこ
吉村 久美子
(専門学芸員
担当係長)
1 愛媛の産業史、別子銅山産業遺産
2 愛媛の産業技術の発達とそれに伴う社会の変化を研究している。
3 企画展「鉱山絵葉書写真~産業近代化の胎動、時代の息吹を感じる~」(H25)、企画展「別子銅山写真展~日和佐初太郎のレンズが語る懐かしき時代~」(H16~H17)、特別展「わくわく!エネルギー体験館」(H15)、企画展「海のめぐみ」(H12)、特別展「愛媛の鉱山」(H10~H11)、企画展「出発進行!愛媛の鉄道~坊っちゃん列車から未来の鉄道~」(H9)
4 平成28年度は、特別展「愛媛のスゴ技」を担当します。
ふじもと みつあき
藤本 光章
(専門学芸員)
1 科学全般
2 科学実験・工作教室・貸出キットでの教材開発を行っている。
3 企画展「紙の機能と科学」(H26)、企画展「おもちゃの今昔(いまむかし)~素材と技術の移り変わり~」(H23)、企画展「昔のおもちゃ 現在(いま)の玩具」(H21)、特別展「KARAKURI(からくり) メカのしくみと動きのヒミツ」(H20)、企画展「WARNING! 地球温暖化」(H18)、企画展「みて!さわって!つくろう!昔のおもちゃ」(H16)、企画展「身の回りのサイエンス~かんきょう~」(H15)
4 サイエンスショーや講座に力を入れている。友の会科学クラブ担当
しん えつこ
進 悦子
(専門学芸員)
1 地球物理、科学全般
2 科学実験・工作教室、サイエンスショー番組製作、教材開発を行っている。
3 企画展「防災サイエンス~自然災害から身を守れ~」(H27)、企画展「万華鏡の華麗な世界」(H25)、企画展「錯視のふしぎ」(H24)
特別展ドキドキ体感ミュージアム「スリラー博士の恐怖の実験室」(H23)、企画展「ふしぎなホログラム」(H18)、企画展「ふ・し・ぎ ミュージアム」(H14)、企画展「人体」(H13)
4 県内小学校などで、出張科学講座を行っています。また、病気や障がいなどで来館できない児童生徒のために病院や施設へ出向いて行う出張科学講座も承っております。ぜひ、ご相談ください。
やすなが よしひろ
安永 由浩
(専門学芸員)
1 愛媛の産業
2 愛媛の漁業について調査、映像収集等を行っている。
3 企画展「光で魚を捕る漁業」(H23)、企画展「八幡浜の水産業」(H18)、企画展「愛媛の漁業 宇和海と瀬戸内海」(H16)、企画展「海のめぐみ」(H12)
4 愛媛県のさまざまな漁業の姿を記録保存していくため、珍しい漁法や途絶えそうな漁法がございましたら、ぜひ博物館までご連絡ください。

指定管理者:伊予鉄総合企画株式会社
所属科等 氏名(職名) 専門分野・研究テーマ等
企画普及
グループ
あきやま ひろつぐ
秋山 紘胤
(マネージャー)
1 生痕学、堆積学、博物館学(主にミュージアム・マネジメント)
2 教育普及事業・広報業務全般
3 巡回展「科学捜査展SEASON2」(H28)、巡回展「こわいものめぐり~わたしたちが恐怖を感じるまで~」(H27)、巡回展「深海探検!海底二万里の世界」(H26)、巡回展「科学捜査展」(H25)、巡回展「マリー・キュリー業績ポスター展」(H25)、パネル巡回展「オーロラ~宇宙からの手紙~」ほか(H25~28)、巡回展「光の謎を解き明かせ!」(H24)、巡回展「科学技術の美パネル展」(H24・25)、企画展「剥き出しの地球 南極大陸」(H23)、巡回展「科学市場」(H23)、巡回展「宇宙への誘い~宇宙開発展~」(H22)、巡回展「ガリレオの天体観測から400年~宇宙の謎を解き明かす~」(H22)、巡回展「エネルギー商店街」(H22)、巡回展「SSP(日本自然科学写真協会)展」(H21・22) など
4 市民・県民の皆様に愛され親しまれる博物館として、今後も様々な展示やイベントを企画運営していきたいと思います。
ちば じゅんや
千葉 純也
1 プラネタリウムの解説など宇宙物理分野
2 プログラミングでいろいろしています。
3 クリスマス特別投影(H27)、「魔法のペンで光るクリスマスカードを作ろう!」(H27)、キッズプラネタリウム(H27)、天文講演会「宇宙の行方」、はじめてのプラネタリウム(H26) など
4 プログラミングでいろいろしています。
かわはら やすひろ
川原 康寛
1 博物館教育、動物学(主に両生類・爬虫類)
2 自然系ワークショップの開発
3 ワークショップ:「里山のめぐみをつかって、クリスマスリースをつくろう」(H26、27)、「恐竜の色はどんな色?恐竜模型にオリジナルペイントをしよう」「進化をたどれ!恐竜オリエンテーリング」(H28) など
4 ワークショップの企画・運営、博物館講座、ボランティア事業、サイエンスショーなどを担当しています。
こんどう なみこ
近藤 菜美子
1 プラネタリウム
2 プラネタリウムでの星空解説を行っている。
3 キッズプラネタリウム(H28)
4 平成28年度着任。学芸員資格取得のため勉強中です。プラネタリウムが「人と宇宙をつなぐ場」であるよう、魅力的な投影、企画をおこなっていきたいと思います。よろしくお願いいたします。
トップ 科博についてへもどる
このページの先頭へ

このホームページに含まれるデータは愛媛県総合科学博物館が著作権を保有しています。掲載情報の許可無き転載を禁止します。
All Rights Reserved Copyright © 2009 Ehime Prefectural Science Museum (JAPAN)