愛媛県総合科学博物館       お問い合わせ
科博について 施設案内 利用案内 交通アクセス
参加しよう!  
トップ
 
このイベントは終了致しました。

原子力発電のしくみや安全性、放射線の性質や影響などに関する講演、放射線測定器による測定実習を行います。

★放射線測定ラボ実習
簡易放射線測定器により、自然放射性物質を多く含む身近なもの(肥料、昆布、御影石等)から出てくるアルファ線、ベータ線、ガンマ線を測定し、身の回りの食品や建材、空気中に存在することを体験します。
また、手作りで簡易霧箱を製作し、放射線の軌跡を観察します。
★野外自然放射線測定
ポケット型のガンマ線サーベイメータを使い、各自が館内を自由に散策して、測定値が高い場所、低い場所を調査します。
調査終了後、高い場所の理由、低い場所の理由を考察し、放射線の知識を深めていただきます。
 

普段は見ることができない放射線を、「霧箱」を作って観察してみよう!

日  時 8月22日(日) 9:30~15:00
場  所 愛媛県総合科学博物館 研修室
対  象 小学4~6年生、中学生及びその保護者・高校生
(高校生のみ保護者なしで参加可) 
定  員 各15組30名
(応募多数の場合は抽選とさせていただきます)
参加費 無料

申し込み受付は終了しました。

お問い合わせ:愛媛県総合科学博物館 TEL 0897-40-4100(代表)

詳しい情報は愛媛県のHPにも掲載されています。こちらからご覧ください。


トップ
このページの先頭へ

このホームページに含まれるデータは愛媛県総合科学博物館が著作権を保有しています。掲載情報の許可無き転載を禁止します。
All Rights Reserved Copyright © 2009 Ehime Prefectural Science Museum (JAPAN)