愛媛県総合科学博物館       お問い合わせ
科博について 施設案内 利用案内 交通アクセス
過去のイベント  
トップ
 










小惑星探査機「はやぶさ」や、地球外生命探査など、ホットな宇宙科学・宇宙開発の話題について、実際に研究に携わっているJAXAの研究者から直接学ぶことができる、貴重な機会です。当日の授業では、質疑応答の時間もたっぷりあります。最先端の宇宙科学について、現役の研究者と楽しく語り合ってみませんか?
※JAXAサイト関連ページ 「宇宙学校について」「イベント案内」

画像提供:池下章裕/MEF/JAXA・ISAS
画像提供:池下章裕/MEF/JAXA・ISAS
画像提供:JAXA/池下章裕
日 時 平成23年1029(土) 13:00~15:30
スケジュール
12:30~ エントランスホールにて受付開始
13:00~13:10 開校式
挨 拶:愛媛県総合科学博物館  石川 幾朗 統括責任者
挨 拶:宇宙学校校長 宇宙科学研究所 阪本 成一 教授
13:10~14:10 1時限目:太陽系外の惑星系を探る  塩谷 圭吾 助教
  ~ 休憩15分 ~
14:25~15:25 2時限目:小惑星探査機「はやぶさ」が目指したもの 清水 幸夫 主任開発員
15:25~15:30 閉校式

希望者は16:00~16:45 「HAYABUSA Back To The Earth 帰還編」上映 にも無料でご招待いたします。参加申し込み時に、「プラネタリウム観覧希望」の旨、 お伝えください。
場 所 多目的ホール
対 象 主として小・中学生 (幼児、一般の方の参加も可)
定 員 300(事前申し込み必要/先着順)
ご好評につき、定員に達しました。ご了承くださいませ。
保護者の方も、入場希望される場合は必ず申し込みをしてください。
小中学生以外の方でもお申込みいただけますが、講演や質疑応答は、小中学生の児童・生徒の方を想定した内容となります。
参加料 無料
主 催 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所(JAXA/ISAS)
愛媛県総合科学博物館
申し込み
申し込み受付は終了しました。
問い合わせ
【申込み・その他について】
愛媛県総合科学博物館 企画普及グループ
TEL:0897-40-4100 FAX:0897-40-4101
メールアドレス:kikaku●i-kahaku.jp (●を@に変えてお送りください)
【内容について】
JAXA宇宙科学研究所 広報・普及係
TEL:042-759-8008


   1時限目:太陽系外の惑星系を探る
近年、太陽系のほかにも惑星系が存在することがわかってきています。それらの惑星系のなかには、我々の住む地球を含む太陽系とは全く異なるものも多くあります。太陽系外の惑星を詳しく調べることは、究極的には地球外生命の研究にもつながる、重要課題となっています。講演では、これまでの太陽系外惑星の観測と、これからの計画について、わかりやすく解説したいと思います。
講師プロフィール
塩谷 圭吾(えんや けいご)
JAXA宇宙科学研究所 赤外・サブミリ波天文学研究系 助教
岐阜県出身。東京工業大学、総合研究大学院大学、国立天文台、東京大学天文教育研究センターを経て現職。次世代赤外線天文衛星SPICAに搭載するコロナグラフ装置を開発し、太陽系外惑星を詳しく調べることを目指している。

   2時限目:小惑星探査機「はやぶさ」が目指したもの
JAXA宇宙科学研究所では、人工衛星や探査機を打ち上げて宇宙に関する研究を行っています。今回の宇宙学校・えひめでは、小惑星探査機「はやぶさ」が何を目指して目的にたどり着き、再び地球に戻る往復の旅路に出たのかをご紹介し、皆様の質問にお答えしたいと思います。
講師プロフィール
清水 幸夫(しみず ゆきお)
JAXA宇宙科学研究所 安全・品質保証室 室長
大阪府出身。東海大学工学部卒。東京大学附属宇宙航空研究所を経て現職。小惑星探査機「はやぶさ」のイオンエンジンなど、主に電気推進ロケットエンジンのひとつであるMPDアークジェットの研究・開発等に従事。現在は宇宙科学研究所および月・惑星探査プログラムグループの安全・品質保証室を統括し、「あかつき」、「イカロス」、「水星探査機ベピコロンボ」、「小型科学衛星」、「はやぶさ-2」などの各プロジェクトの安全・信頼性・品質保証の立場で参画している。また、JAXA広報部を併任し、かつては宇宙科学研究所のスポークスパーソンとして登録。日本では珍しい宇宙工学の学芸員資格を持つ。



トップ
このページの先頭へ

このホームページに含まれるデータは愛媛県総合科学博物館が著作権を保有しています。掲載情報の許可無き転載を禁止します。
All Rights Reserved Copyright © 2009 Ehime Prefectural Science Museum (JAPAN)