第3回中高生のためのかはく科学研究プレゼンテーション大会

第3回中高生のためのかはく科学研究プレゼンテーション大会 平成29年7月30日(日曜日) テーマ 自然、科学、技術、環境保全や産業に関すること(啓発活動を含む) ポスター部門・ステージ部門 開催地 愛媛県総合科学博物館 対象 中学生、高校生、及び高等専門学校生(3年生まで)の個人またはチーム
7月29日(土曜日)〈プレイベント〉サイエンスミーティング開催! 詳しくはこちら
7月29日(土曜日)〈プレイベント〉サイエンスミーティング開催! 詳しくはこちら

ポスター部門

会場/エントランスホール 募集組数/16~20組
時間/①10:30~11:20 ②11:25~12:15

ポスター(H1800mm×W1200mmのボードに収まるもの)を貼りだし、掲示者が審査員や参加者に研究内容を説明して、ディスカッションする形式で実施します。審査を行うため、ポスター原稿を事前に提出する必要があります。
※応募多数の場合は、選考を行う場合があります。

ステージ部門

会場/多目的ホール 募集組数/6~8組
時間/13:00~14:50

1組の発表時間は、発表時間8分、質疑応答3分の予定です。発表の内容(研究内容や普及啓発効果)、審査員・参加者との質疑応答の内容で審査を行います。
※応募多数の場合は、選考を行う場合があります。

応募締切日
平成29年6月28日(水)

応募受付は終了いたしました。
日程
9:30~9:50 受付
10:00~10:20 開会行事・諸連絡
10:30~11:20 ポスター部門発表①(50分)
11:25~12:15 ポスター部門発表②(50分)
12:15~13:00 休憩(45分)
13:00~14:50 ステージ部門発表(110分)
14:50~15:40 館内見学(50分)
参加者は、常設展・特別展観覧料無料
15:40~16:00 表彰式・指導講評
  • 最優秀賞
  • 知事賞
  • 教育長賞
各部門 表彰予定
〈参加者には奨励賞を予定〉
閉会行事

旅費の助成について 発表者の会場までの旅費の一部を助成します。ご希望される場合は応募の際に申請が必要となります。

お申し込み・お問い合わせ先

愛媛県総合科学博物館 学芸課
〒792-0060 愛媛県新居浜市大生院2133-2
TEL:0897-40-4100 
FAX:0897-40-4101
Eメール:
scientist●sci-museum.niihama.ehime.jp
(※●を@に変えてお送りください)


第3回かはく科学研究プレゼンテーション大会プレイベント サイエンスミーティング

第3回かはく科学研究プレゼンテーション大会プレイベント サイエンスミーティング 平成29年7月29日(土曜日) 13時~16時30分 新たな仲間と直接意見を交わせる貴重なチャンスです! 参加者同士で混成チームを作り課題に取り組もう! チームメイトとの交流の中から問題解決能力アップを図ります。 その他に、館内見学会や学芸員との意見交換会も開催し、博物館が果たしている役割や学芸員の研究内容についても学べます。

募集対象

中学生、高校生、及び高等専門学校生(3年生まで)
※個人参加も受け付けます。

※中高生のためのかはく科学研究プレゼンテーション大会への参加は必須ではありません。

募集人数

50名程度
※応募多数の場合は、プレゼンテーション大会の参加者を優先します。

応募締切日
平成29年6月28日(水)

応募受付は終了いたしました。
日程
13:00~13:30 受付
13:30~14:50 開会行事
サイエンスミーティング[ワークショップ]
(80分)
15:00~16:20 意見交換会
館内見学
(80分)
16:20~16:30 閉会行事

かはく道場

博物館では、「かはく道場」として中高生の科学研究や発表・練習を支援します。 [お問い合わせは下記まで]

  • 科学研究や発表の準備・練習を館内で行うことができます。

  • 当館常設展示室内のサイエンスショー・コーナー及びサイエンス工房で実施します。

  • 土曜日・日曜日・祝日や長期休業中などを利用します。

  • 当館主催の「中高生のためのかはく科学研究プレゼンテーション大会」への参加は必須ではありません。

お申し込み・お問い合わせ先

愛媛県総合科学博物館
TEL:0897-40-4100 
FAX:0897-40-4101
Eメール:
scientist●sci-museum.niihama.ehime.jp
(※●を@に変えてお送りください)


このホームページに含まれるデータは愛媛県総合科学博物館が著作権を保有しています。掲載情報の許可無き転載を禁止します。

All Rights Reserved Copyright © 2009 Ehime Prefectural Science Museum (JAPAN)