愛媛県総合科学博物館       お問い合わせ
科博について 施設案内 利用案内 交通アクセス
展示案内  
トップ
 

暗い森の奥にひっそりとたたずむお城
そこには風変わりなスリラー博士とモンスターがそこに住んでいるといううわさが・・・。
ちょっと怪しいお城へとみなさんをご案内します。
日 時 平成23年79(土)94(日)
場 所 愛媛総合科学博物館 企画展示室
料 金
区  分 特別展のみ 特別展+常設展
大人(高校生以上) 700円(600円) 1,000円(800円)
65歳以上の方 350円(300円) 500円(400円)
小中学生 350円(300円)
(  )内は20名以上の団体料金
主 催 愛媛県総合科学博物館
後 援 愛媛県市町教育委員会連合会、愛媛新聞社、NHK松山放送局、南海放送、テレビ愛媛、あいテレビ、愛媛朝日テレビ、愛媛CATV、ハートネットワーク、FM愛媛
>>展示紹介
少し怖くて、とっても不思議なお城
>>イベント
「恐怖の実験ショー」
>>キャラクター紹介
スリラー博士とモンスターたち


展示紹介
↑ 展示紹介動画をご覧いただけます ↑
錯覚効果を用いた体験展示や映像・演出によって普段体験できない不思議な感覚を再現します。中では、白衣のスリラー博士と助手たちがお出迎え!少し怖くて不思議な感覚をお楽しみください。
暗やみの廊下   影の実験室   光の実験室
   
中は真っ暗な廊下です。カベに手を添えてゆっくりと歩いてみましょう。 視覚が失われた中で、私たちはどんな感覚を味わうのでしょう。   床に映った赤色と白色の四角の映像の中に入ってみよう。歩いた足跡にカラフルな色がついたり、泡が出てきたり、きみの動きに合わせて映像が様々に変化するぞ。   天井のミラーボールにプロジェクターからの画像を反射させ、部屋中に無数のモンスターを映し出します。光と音とともに不思議空間を作り出します。
虹をつくる実験室   恐怖のワームトンネル   スリラー博士の書斎
   
実験室の中で羽を回転させてみましょう。回転した羽の軌跡が虹色に見える不思議な現象が起こります。さまざまなものを回転させて、さあ実験だ!   グルグルとトンネルの内側が回転する不思議な「ワームホール」。あなたは無事に通り抜けることが出来るでしょうか?   博士の使うデスクやソファーは「からくり家具」なのです。どうすれば引き出しがあくのかな?


イベント
スリラー博士の恐怖の実験ショー
不思議大好き”スリラー博士”がちょっと怖い?楽しい?ドキドキ実験を行います。
開催日時 平成23年8月12日(金)・13日(土)14日(日)
13:20~13:50(約30分間)
場 所 愛媛県科学博物館 多目的ホール
料 金 無料


キャラクター紹介
不思議で、楽しくて、ちょっとこわ~い体験がみんなを待っています。
「スリラー博士の恐怖の実験室」で、ドキドキを体感しよう!
スリラー博士
お城のなかの実験室でひとり研究をつづける科学者。
実験室の中には、ふしぎな科学現象や、ドキドキするような研究成果がいっぱい!
顔つきはこわいけど、モンスターとは仲良しなのです。
地下室のモンスター
博士の研究の邪魔をするいたずら好きのモンスター。
昼間はお城の中にかくれているけれど、夜になると外へ遊びにいくとか。
ぺろっと舌を出して、お城への訪問者を挑発します。
森の番人
スリラー博士が生まれるずっと昔からこのお城を守っている老木の妖精。
お城への訪問者を驚かせるのが好き。伊予弁をしゃべるよ。
コウモリたち
スリラー城の中をあちこちと飛び回るコウモリ。
老木の妖精「森の番人」のそばで遊ぶのが大好き。
少女ゆき
スリラー博士の一人娘。
今は結婚して遠くで暮らしているとか…
実はこどもの頃の姿がコレクションルームの立体写真「ホログラム」の一枚に映っているのです。



トップ
このページの先頭へ

このホームページに含まれるデータは愛媛県総合科学博物館が著作権を保有しています。掲載情報の許可無き転載を禁止します。
All Rights Reserved Copyright © 2009 Ehime Prefectural Science Museum (JAPAN)