愛媛県総合科学博物館       お問い合わせ
科博について 施設案内 利用案内 交通アクセス
展示案内  
トップ
 
この展示は終了しました。
 
研究等の過程や成果で生まれた「美しい現象」「見たことのない画像」28点を一挙公開!
このパネル展では、研究の過程や成果で発生した様々な「美しい現象」や「見たことのない画像」を全国の研究者から公募し、その中から厳選された28点を展示しています。今まで研究者しか見たことのなかった画像に触れ、その感動を研究者と共有しながら、科学技術への興味を広げてみませんか。

日 時 平成25年127(土)平成26年216(日)
会 場 科学技術館 入口(展示棟3階ロビー)
主 催 愛媛県総合科学博物館
共 催 科学技術団体連合
料 金 常設展観覧料が必要



● 展示内容

船外活動で撮影された「きぼう」と地球
星出彰彦宇宙飛行士らが実施した米国の船外活動(UE EVA18)で撮影された「きぼう」日本実験棟と地球の様子です。
■撮影場所   国際宇宙ステーション
■機関名   (独)宇宙航空研究開発機構(JAXA)
■撮影日   2012年8月
(C) JAXA / NASA
船外活動中に写真撮影を行う星出宇宙飛行士
船外活動中にヘルメットのサンバイザーを降ろした後、手に持ったカメラで自分自身を撮影したものです。
■撮影場所   国際宇宙ステーション
■機関名   (独)宇宙航空研究開発機構(JAXA)
■撮影日   2012年8月
(C) JAXA / NASA
スーパーコンピュータで再現した雲と大気の流れ
2004年6月11日の雲と大気下層の流れの様子を、全球雲解像モデルNICAMを用いて、スーパーコンピュータ「地球シミュレータ」で再現した結果です。
■撮影場所   地球シミュレータ
■制作者
(機関名)
  松岡大裕(海洋研究開発機構)・NICAMチーム(海洋研究開発機構、東京大学)
■制作日   2012年10月
(C) JAMSTEC
さまざまな天然成分を蓄える植物細胞
下段左:観葉植物として親しまれるツユクサ科のゼブリナ
上段左:反射光で捉えたゼブリナ葉の紫色部分の表皮細胞
上段右:透過光で観たゼブリナ葉の緑色部の表皮細胞
下段右:透過光で捉えたゼブリナ紫色葉の表皮細胞と気孔
■撮影場所   (独)理化学研究所 横浜研究所
■機関名   (独)理化学研究所
■撮影日   2012年9月
(独)理化学研究所



お問い合わせ
愛媛県総合科学博物館
〒792-0060 新居浜市大生院2133-2
TEL.0897-40-4100 FAX.0897-40-4101


トップ
このページの先頭へ

このホームページに含まれるデータは愛媛県総合科学博物館が著作権を保有しています。掲載情報の許可無き転載を禁止します。
All Rights Reserved Copyright © 2009 Ehime Prefectural Science Museum (JAPAN)