愛媛県総合科学博物館       お問い合わせ
科博について 施設案内 利用案内 交通アクセス
施設案内
常設展示
プラネタリウム
施設を借りる
トップ 施設案内へもどる
 

常設展示の新しい展示
「新元素の発見」

3階科学技術館の素のコーナー内で展示しています。

森田浩介博士

小川正孝博士

2016年11月30日、日本人が発見したアジア初となる新元素名が「ニホニウム」に決まりました。発見者は森田浩介博士。そして、実は今から100年以上前にアジア初の新元素発見を成し遂げていた日本人もいました。発見者は小川正孝博士。この2人と愛媛県には不思議な繋がりがあったのです。
このコーナーでは新元素を発見した2人の日本人とその業績について、実物資料を交えながら紹介しています。


常設展示室内、各ゾーンの詳しい内容をご覧いただけます。
自然館
宇宙
のゾーン
地球
のゾーン
愛媛
のゾーン
科学技術館

のゾーン

のゾーン

のゾーン

のゾーン
ふしぎアベニュー ふしぎ展覧会 宇宙をめざして サイエンス工房
産業館
伝統産業のコーナー 愛媛の基幹産業
屋外展示 エントランス
マップをクリックしてください
4F 自然館 宇宙から地球、愛媛へと
マクロからミクロにズームアップ!
宇宙のゾーン 地球のゾーン
宇宙のゾーン 地球のゾーン 愛媛のゾーン
3F 科学技術館産業館 科学技術の参加型体験と
愛媛の基幹産業と伝統産業
素のゾーン 生のゾーン 伝のゾーン 動のゾーン サイエンスショー 素のゾーン 伝統産業コーナー 基幹産業コーナー
伝のゾーン

トップ 施設案内へもどる
このページの先頭へ

このホームページに含まれるデータは愛媛県総合科学博物館が著作権を保有しています。掲載情報の許可無き転載を禁止します。
All Rights Reserved Copyright © 2009 Ehime Prefectural Science Museum (JAPAN)