自然講座「昆虫の標本をつくろう」

講座メモ くわしい解説付きで見たい人におすすめ!
標本をつくる
標本をつくる
簡単な標本箱の作り方
 がんばって作ってもらった昆虫標本ですが、今回は簡単な標本箱を作って、標本にした昆虫を入れます。深さが5cm以上あるお菓子の箱を用意してください。

写真はクリックすると拡大します。

[1]上ぶたに線を引く  
上ぶたに線を引く  上ぶたに窓をあけるため、窓わくの大きさにペンで線を引きます。後で内側から両面テープをはるので窓の余白を2cm以上残しておいてください。 上ぶたに線を引く

[2]上ぶたを切り抜く  
上ぶたを切り抜く  引いた線にそって、カッターで上ぶたの内側を切り抜いて窓を開けます。ケガをしないように注意してください。 上ぶたを切り抜く

このページのトップへ

[3]フィルムに線を引く  
フィルムに線を引く  窓にはる透明フィルムを切り出すため、透明フィルムに上ぶたをのせて、箱の外わくにそってペンで線を引きます。 フィルムに線を引く

[4]フィルムを切る  
フィルムを切る  引いた線にそって、カッターで透明フィルムを切り出します。上ぶたの内側にはまるよう、少し小さめに切ってください。 フィルムを切る

[5]上ぶたの内側に両面テープをはる  
上ぶたの内側に両面テープをはる  上ぶたの内側の、窓を切り抜いた余白に両面テープをはります。 上ぶたの内側に両面テープをはる

このページのトップへ

[6]内側からフィルムをはる  
内側からフィルムをはる  ここからが一番むずかしい作業です。まず針付き柄で左の前ばねの脈をうまく引っかけて上にずらしていきます。 内側からフィルムをはる

[7]発泡スチロールに線を引く  
発砲スチロールに線を引く  底にはる発泡スチロールを切り出すため、発泡スチロールに底ぶたをのせて、箱の外わくにそってペンで線を引きます。 発砲スチロールに線を引く

[8]発泡スチロールを切る  
発泡スチロールを切る  引いた線にそって、カッターで発泡スチロールを切り出します。底ぶたの内側にはまるよう、少し小さめに切ってください。 発泡スチロールを切る

このページのトップへ

[9]底ぶたに両面テープをはる  
底ぶたに両面テープをはる  発泡スチロールをはるため、底ぶたに両面テープをはります。 底ぶたに両面テープをはる

[10]底ぶたに発泡スチロールをはる  
底ぶたに発砲スチロールをはる  両面テープをはがし、切り出した発泡スチロールを底に貼り付けます。 底ぶたに発砲スチロールをはる

[11]完成!  
完成!  これで完成です。昆虫標本の固定に使ったマチ針をはずして、名前を調べた後、ラベルをつけて箱の中に入れていきましょう。 完成!

このページのトップへ


All Rights Reserved Copyright(C) Ehime Prefectural Science Museum (JAPAN)